気侭書評編集ネットワーク歴史・社会の窓メディア評

Workshop of Takaniwa IB:Historical Approach
歴史・社会の窓 歴史研究ネットワーク
遊里研究江戸の遊里誕生

2001年4月6日更新

古代、縄文遊里日本東西文化

1)「江戸の遊里誕生」
(御免色里としての吉原)
展開内容

関連情報とリンク

□発端□
■発端は単純。『吉原御免状』という隆慶一郎氏の小説を読んだことに始まる。この小説は、週刊新潮に昭和59年の9月27日号から昭和60年の5月23日号まで連載された同氏の第一作となる処女小説。吉原を舞台に繰り広げられる吉原者と柳生の闘争を核に「吉原」自体の存在をひとつの歴史的な仮説の上で展開してみせたいままでにない時代小説といえる。週刊新潮に連載されているときから、毎週楽しみで仕方なかった当時のことが今も思い出させる。それまで、漠然と江戸の色街としてしか、自分にとってはなかった、吉原の存在が全く異なった様相とともに自分に迫ってきた。この時代小説のもつ魅力が、司馬遼太郎氏の歴史小説に遭遇したときとはまた、異なる世界を開いてくれたことが昨日のように感じられる。以来、私は、隆氏の全著作を読みあさることになる。確か、自分にとって、この小説は、昭和57年の6月から昭和58年の12月まで読売新聞に連載されていた司馬遼太郎氏の『箱根の坂』の上巻〜下巻が講談社から59年の春から夏にかけて出版された時期の後でもあり、一人の作家の誕生を告げる小説と一人の作家のほぼ最後の小説(司馬氏の場合は、この後に『韃靼疾風録』があるが、その前作となる)が期を同じくして、並んだという印象がある。

書籍■『吉原御免状』(隆慶一郎著、新潮社刊、初版・昭和61年2月25日)この本は、同氏の処女作であるだけでなく、なんと同年の第35回上半期直木賞最終選考にも残った。惜しくも受賞作とは、ならなかったが、その創作の着眼点と筆力には、高い評価がなされた。この時の受賞作は、皆川博子氏の『恋紅』(なんと、同じ新潮社刊)。隆慶一郎については、作家リンクへ。

□新吉原誕生の背景□
元吉原(当時の日本橋葺屋町に40年余り営業していた)からの所替えが当時の北町奉行、石谷将監から命令がでたのが、明暦2年の10月9日(吉原以外の遊女がこの8年前に禁止されている)。突然の命令で、本所か、浅草日本堤(現在の台東区千束四丁目付近。詳しくはサイト“台東区町名・新旧対照インデックス”へ)のどちらかの代替え地を選べという話だった。
■石谷将監(正確には、いしがいさだきよ、貞清、親は、今川氏旧臣、秀忠に使えた旗本・北町奉行):確か松竹の『大江戸五人男(1951年)』では、大友柳太朗が、『忍びの者 伊賀屋敷(1965年大映京都)』では、水原浩一が、演じていたように記憶している。

具体研究

詳細ページリンク

古代、縄文遊里日本東西文化
気侭書評編集ネットワーク
歴史・社会の窓メディア評