編集ネットワーク書評作家リンク集
気侭書評

書評ネットワーク

この話題をどう扱う?>書籍のネット販売>その3

2001年9月21日更新


記事タイトル NO. メディア名(ライター) 出版元 発売号
続々と登場する有料オンライン図書館サービス(上) 0003 HOTWIRED(Kendra Mayfield) Wired Ventures Inc. 2000年9月18日
発行日 記事評者名 評価 掲載日
2000年9月15日 3:00am 加茂 ★★★ 2000年10月26日
関連リンク
同記事リンク●同メディアの関連記事「学生のためのオンライン図書館開設」クエスティア・メディア社イーブラリー・コム
米国での商用図書館データサービスの開始を伝える同記事。まだ、無料図書館サービスは、主体が著作権のない文献やその情報が主で情報自体の確度、有益性、信憑性などに疑問があり、こうした商用サービスが、本格的な情報提供への先駆けとなると伝えている。開始されたサービスは、クエスティア・メディアとイーブラリー・コムの2つ。クエスティア・メディア社のユーザーは、オンライン・データベースを無料で検索できる。検索した文献の内容を見たり、コピーを作成したり、文書をプリントしたりするには、利用料が必要。一方、イーブラリー・コムを利用するユーザーは、著作権によって保護された書籍、定期刊行物、公文書、地図の全内容を、無料で検索・閲覧できる。ダウンロード、コピー、印刷については、ページ数に応じてコピー代程度(1ページあたり約25セント)を支払う。こうしたサービスが日本ではどの程度まで実現するのだろうか? 関連情報:●サイト情報を電子出版するサービス「Weblisher」が登場!発想の転換が面白い。私が考えている電子出版の発想の類似型!!また、10月7日発売のダ・ヴィンチでも同社が取り上げられる。●インターネットと図書館に関するリンク集もあります。●文学研究には欠かせない図書館として知られるJ-text。一度はアクセスしてみなくてはと思っていましたが、残念ながら、登録はほとんどが古典文献です。

前の記事に戻る 次の記事に進む INDEXに戻る

編集ネットワーク書評作家リンク集