新刊洋書評ガイド既刊洋書ガイド書評作家リンク集

気侭書評
書評ネットワーク
新刊洋書評ガイド(バックナンバー)

新刊洋書評ガイドへ

2005年02月11日更新


このコーナーでは、新刊洋書評ガイドのバックナンバーを掲載しています。月単位でまとめていますが、
書名からダイレクトにガイドを
見ることもできます。バックナンバーといえど、部分的には、情報を追加していく予定です。
●書名INDEX●

2005年2月

The Bookman's Promise(John Dunning)
 

書名 登録番号 著者名(編者、監修) 出版元 価格
The Bookman's Promise  154 John Dunning    Simon & Schuster Inc. 1,092円+税
掲載開始日 最終更新日 確認掲載メディア数 書評展開レベル
2005年2月7日 2005年2月11日 11 ★★
COMENT
John Dunningの『Book to Die』、『The Bookman's Wake』に続く、A Cliff Janeway Novel seriesの第3作目。
書評リンク 関連情報
No. site page/comment date
1 Amazon  Publishers Weeklyのレビュー -
2 inriblis.com/book store inriblis.com/bookstoreにあるレビュー -
3 MysteryOne/Review 書店MysteryOneのサイトにあるレビュー -
4 WHODUNIT?  Gaylene Chesnutのレビュー 2004/2
5-10 reviewofbooks.com 5本のレビュー -
11 TheBest Reviews Harriet Klausnerのレビュー 2004/2/21 
       
       
       
       
       
       
       

著者情報■

著者略歴:(ジョン・ダニング)1942年、ニューヨーク、ブルックリン生まれ。デビューは1974年、『The Holland Suggestions』その後WMA賞にノミネートされるほどの評価を得るが、トラブルから一旦筆を折り、コロラド州デンヴァーで稀覯本を扱う古書店を経営する。1992年、その経験を生かした『死の蔵書』で再び作家として活動を始め、人気作家の仲間入りを果たす。同書から始まるクリフ・ジェーンウェイ・シリーズは、日本でも多くの読者を獲得、現在に至る。『死の蔵書』は、1992年のネロ・ウルフ賞を受賞。

主な著作:『死の蔵書』(宮脇孝雄訳)、『幻の特装本』(宮脇孝雄訳、1996年のエドガー賞にノミネートされる)、『失われし書庫』(宮脇孝雄訳)以上が、クリフ・ジェーンウェイ・シリーズ。その他著作は、『封印された数字』(松浦雅之訳)、『名もなき墓標』(三川基好訳)、『ジンジャー・ノースの影』(三川基好訳)、『深夜特別放送』(三川 基好訳)(以上全て、早川書房刊)


新刊洋書評ガイド既刊洋書ガイド書評作家リンク集