新刊書籍評ガイド既刊書籍評ガイド「今だからこそ、この本」「この話題をどう扱う?」
今月の書評サイト紹介今月の書評家紹介新人作家ガイド

気侭書評
書評ネットワーク
書籍評ガイド(バックナンバー)

新刊書評ガイドへ

2005年6月30日更新


このコーナーでは、新刊書籍ガイドのバックナンバーを掲載しています。月単位でまとめていますが、
書名からダイレクトにガイドを
見ることもできます。バックナンバーといえど、部分的には、情報を追加していく予定です。
●書名INDEX●

2005年6月

太陽の簒奪者(野尻抱介著)
死を招く料理店(ベルンハルト・ヤウマン著)
 

書名 登録番号 著者名(編者、監修) 出版元 価格
太陽の簒奪者
ハヤカワ文庫JA版
0159 野尻抱介著
株式会社早川書房  640円+税
掲載開始日 最終更新日 確認掲載メディア数 書評展開レベル

2005年6月7日

2005年6月7日  10 ★★★
COMENT

本書は、第34回星雲賞受賞作品。ベストSF2002国内篇第1位作品でもある。かなりの書評数なのでとりあえず、10本をリンク!

 
書評リンク 関連情報
No. site page/comment date
1-4 Amazon.co.jp カスタマレビュー4本 -
5 the grandfather 感想文 2005/2/17
6 The Spirit of Gyoxay 感想文 2005/4/2
7 いろもの書評 感想文 -
8 Horror&SF Trial&Error Diaryにある感想文 2004/7/14
9 ディックの本棚 読後感想文 2005/3/31
10 V.M.春秋 感想文 2004/10/6
       
       
       
ブック・レビュー・ガイドbでの書評検索結果は、2005年月日現在。

著者情報■野尻抱介公式サイトは、野尻抱介リファレンスマニュアルとなっている。■はてなダイヤリーの「野尻抱介」ページ野尻抱介非公式ガイドブック■SFオンラインにある「日本SFの航海図 第2回 野尻抱介」堺三保解説■MM/Memo<1470.net>にある「太陽の簒奪者(野尻抱介)に関するメモ」■2 channelの「野尻抱介総合スレッド2」■

関連情報■

著者略歴:(のじり・ほうすけ)1961年三重県生まれ。計測制御・CADプログラマー、ゲームデザイナーを経て、1992年、「クレギオン」の設定をもとにした『ヴェイスの盲点』(ハヤカワ文庫JA)で作家デビュー。以後、“クレギオン”(ハヤカワ文庫JA)“ロケットガール”(富士見ファンタジオン文庫)の両シリーズで人気を博す。2002年に発表された『太陽の簒奪者』は、新時代の宇宙SFとして絶賛を浴び、短編版に続いて、星雲賞を受賞。宇宙作家クラブ会員、日本SF作家クラブ会員。

主な著書:『ピニュエルの振り子ー銀河博物誌(1)』、『ふわふわの泉』(第33回星雲賞<日本SF大会日本長編部門>2002年)、私と月につきあって』など
 


書名 登録番号 著者名(編者、監修) 出版元 価格
死を招く料理店Saltimbocca 160 ベルンハルト・ヤウマン著(小津薫訳) 扶桑社  905円+税
掲載開始日 最終更新日 確認掲載メディア数 書評展開レベル
2005年6月11日 2005年6月11日 4 ★ 
COMENT
本書でヤウマンは、2003年のフリードリッヒ・グラウザー賞を受賞する。この作品は、1998年からヤウマンが連作した、人間の五感をそれぞれテーマにしたシリーズの最後の5作目となるもの。味覚をテーマに、ローマを舞台として作品となる。1作目は、聴覚をテーマとし、ウィーンを舞台にした『Horsturz(聴覚の崩壊)』、2作目は、視覚をテーマにし、メキシコ・シティを舞台とした『Sehschkachten(視覚の戦い)』、3作目は、触覚をテーマとし、シドニーを舞台とした『Handstreich(奇襲)』、4作目は、嗅覚をテーマとし、東京を舞台とした『Duftfallen(香りの罠)』だが、4作品とも邦訳はされていないようだ。
書評リンク 関連情報
No. site page/comment date
1 でこぽんの読書日記 感想文 2005/4/14
2 My Recommend Books! 書評 2005/4/10
3 週刊書評 法月綸太郎の書評 -
4 ぬいざんまい 今月読んだ本の2005年4月に書評 2005/4
   
●ブック・レビュー・ガイドbの書評検索では、2005月日現在、未確認。
関連情報
 
著者略歴:(Bernhard Jaumann)1957年、ドイツ、アウグスブルグ生まれ。ミュンヘン大学で文学、歴史学、社会学を学ぶ。'98年に作家デビュー。海外滞在経験をもとに、人間の五感をテーマに、世界の都市を舞台にした連作ミステリーを発表。その5作目『死を招く料理店』がドイツ推理作家クラブが選ぶグラウザー賞を受賞。

訳者略歴:(おず・かおる)同志社女子大英米文学科卒業。ミュンヘン大学美術史学科中退。英米・独文学翻訳家。
主な訳書:『皇帝の魔剣』(エルカー、他)、『ある貴婦人の肖像』(エルカー)、以上扶桑社ミステリー。『顔のない女』(コール)講談社他
            
新刊書籍評ガイド既刊書籍評ガイド「今だからこそ、この本」「この話題をどう扱う?」
今月の書評サイト紹介今月の書評家紹介新人作家ガイド