新刊書籍評ガイド既刊書籍評ガイド「今だからこそ、この本」「この話題をどう扱う?」
今月の書評サイト紹介今月の書評家紹介新人作家ガイド

気侭書評
書評ネットワーク
書籍評ガイド(バックナンバー)

新刊書評ガイドへ

2004年12月31日更新


このコーナーでは、新刊書籍ガイドのバックナンバーを掲載しています。月単位でまとめていますが、
書名からダイレクトにガイドを
見ることもできます。バックナンバーといえど、部分的には、情報を追加していく予定です。
●書名INDEX●

2004年12月

あくじゃれー瓢六捕物帖(諸田玲子)
消滅する言語(デイビッド・クリスタル)
サウダージ(盛田隆二)
 

書名 登録番号 著者名(編者、監修) 出版元 価格
あくじゃれー瓢六捕物帖(文春文庫) 0149 諸田玲子 文藝春秋社  800円+税
掲載開始日 最終更新日 確認掲載メディア数 書評展開レベル

2004年12月1日

2004年12月8日  12 ★★
COMENT
 
書評リンク 関連情報
No. site page/comment date
1 信兵衛の読書手帖  諸田玲子コーナーに単行本の書評 2002/8/11 
2-8 WEB本の雑誌 新刊ガイド・単行本班の1冊に7名の書評 2001/1 
9  この本が面白い! 四つ星の書評 2002/4 
10  bookreview 日刊ゲンダイに掲載された書評 ー 
11 ノンノンの乱読日記 書評 2002/3/11 
12  時代小説SHOW 2004年12月に書評 2004/12/1 
       
       
       
       
       
       
       
ブック・レビュー・ガイドbでの書評検索結果は、2004年12月1日現在、未確認。

著者情報■諸田玲子のオフィシャル・ウェブサイト■2003年11月の中日新聞東京本社版のインタビュー記事

著者略歴:著者略歴:(もろた・れいこ)1954年静岡市生まれ。上智大学文学部英文科卒。外資系企業勤務を経て、向田邦子さん、橋田壽賀子さん、山田洋次氏などの台本のノベライズや翻訳等を手がけた後、作家活動に入る。
1996年『眩惑』でデビュー。2002年『あくじゃれ瓢六』で第126回直木賞候補。2003年『其の一日』で第24回吉川英治文学新人賞を受賞。


書名 登録番号 著者名(編者、監修) 出版元 価格
消滅する言語
人類の知的遺産をいかに守るか
 150 デイビッド・クリスタル
斎藤兆史・三谷裕美訳
中央公論新社 880円税込
掲載開始日 最終更新日 確認掲載メディア数 書評展開レベル
2004年12月1日 2004年12月1日  ー
COMENT
2000年に発行された「Language Death」の日本語訳。グローバリゼーションの弊害が多く語られつつある今、多様性への視点は、多様な文化に彩られた地球を考える上で益々重要になるに違いない。
書評リンク 関連情報
No. site page/comment date
       
       
 
  -
●ブック・レビュー・ガイドbの書評検索では、2004年12月1日現在、未確認。
関連情報日本言語学会のウェブサイト■同サイトの危機言語小委員会のページ環太平洋の言語に関する危機言語の研究サイト()■
本書の「言及された、または関係する団体リスト」から
エスノローグ(Ethnologue)
危機言語基金(The Foundation for Endangered Language/FEL)
国際危機言語クリアリングハウス(International Clearing House for Endangered Language/ICHEL)
著者略歴::(David Crystal)1941年、北ウェールズ生まれ。ロンドン大学ユニヴァーシティー・カレッジで英語学を専攻。現在、ウェールズ大学バンガー校の言語学科名誉教授。

主な著書:『言語学百科事典』(大修館書店)、『地球語としての英語』(みすず書房)


書名 登録番号 著者名(編者、監修) 出版元 価格
サウダージ 151 盛田隆二 角川書店 438円+税
掲載開始日 最終更新日 確認掲載メディア数 書評展開レベル
2004年12月11日 2004年12月11日 9 ★★
COMENT
本書は、1992年に中央公論社より刊行された単行本の文庫版です。居場所を捜す移民たちの疎外感、喪失感。本来の居所への欲求のようなものを浮かび上がらせるエピソードの数々。サウダージはそんな著者、盛田隆二の作品に共通するテーマの原風景ともいえる。是非、処女作の『ストリート・チルドレン』、『夜の果てまで(『湾岸ラプソディ』から改題)』などの作品を読まれることをお勧めします。
書評リンク 関連情報

No. site page/comment date
1 ひまさえあれば 読後感想(コメントあり) 2004/10/4
2 風の向くまま、気の向くままに 感想文 2004/11/9
3 @waiwairoom 感想文(トラックバックあり) 2004/10/29
4-9 WEB本の雑誌 2004年11月の新刊書評、文庫本班課題図書に6書評 2004/11
●ブック・レビュー・ガイドbの書評検索では、2004年12月11日現在、新聞書評が2件のみ。
著者情報■盛田隆二アーカイヴス(公式ページ)■
著者略歴;(もりた・りゅうじ)1954年、東京生まれ。川越市在住。1985年、『夜よりも長い夢』で早稲田文学新人賞入選。1990年『ストリート・チルドレン』(講談社、新風社文庫)が野間文学新人賞候補に。1992年には、『サウダージ』(中央公論社)が三島由紀夫賞候補となる。
著書:『ラスト・ワルツ』(新潮社)、『おいしい水』(光文社)、『東京小説』(共著、角川文庫)、『リセット』(角川春樹事務所)など。
 
新刊書籍評ガイド既刊書籍評ガイド「今だからこそ、この本」「この話題をどう扱う?」
今月の書評サイト紹介今月の書評家紹介新人作家ガイド