新刊書籍評ガイド既刊書籍評ガイド「今だからこそ、この本」「この話題をどう扱う?」
今月の書評サイト紹介今月の書評家紹介新人作家ガイド

気侭書評
書評ネットワーク
書籍評ガイド(バックナンバー)

新刊書評ガイドへ

2004年07月30日更新


このコーナーでは、新刊書籍ガイドのバックナンバーを掲載しています。月単位でまとめていますが、
書名からダイレクトにガイドを
見ることもできます。バックナンバーといえど、部分的には、情報を追加していく予定です。
●書名INDEX●

2004年7月

ザ・スタンドI〜IV(スティーヴン・キング著・深町眞理子訳)
時代と人間(堀田善衛)
 


書名 登録番号 著者名(編者、監修) 出版元 価格
ザ・スタンドI〜IV(文春文庫版) 0136  スティーヴン・キング 株式会社文藝春秋 857円+税
掲載開始日 最終更新日 確認掲載メディア数 書評展開レベル

2004年7月17日

2004年7月18日  10 ★★ 
COMENT

本書は、90年発表のTHE STAND:Complete & Uncut Editonの翻訳。キング作品の中でもファンが最も支持する作品のひとつであり、キング作品のあらゆる要素を詰め込んだ、『IT』以上の長さと密度を誇る渾身の大作である。(文庫の紹介より)

書評リンク 関連情報
No. site page/comment date
1  香雪雑記帳 香雪日録(読書感想)にある単行本の感想 2002/9/24
2 ひの間。 スタンド(上)の読書感想 2001/3/8
3 ひの間。 スタンド(下)の読書感想 2001/4/3
4 空と海とハリエンジュ スティーヴン・キングの書庫にある感想
5  ねね reviewjapanにあるねねの書評 2002/8/11
6 シネマ1987  映画とネットのDIARYコーナーにある描写の力と題した感想 2001/2/3 
7  ミステリー文庫2001 ★付きの書評 2001/1/1
8  ミステリークラブ 単行本のオススメと感想 ー 
9 角正史のページ スティーヴン・キングの感想ページに感想文 ー 
10 こころの大地に種をまこう 言霊日記 読書感想 2000/12/3
       
       
       
ブック・レビュー・ガイドbでの書評検索結果は、2004年7月17日現在、1メディア(週刊ポスト:2004年06月25日号)のみを確認。 確か単行本のときは、朝日新聞に新刊書評があったような・・・?
著者情報■出版の経緯や、この作品の背景については、サイト「tkr」のスティーヴン・キング研究序説ディレクトリが詳しい。■aiicinemaにある同作品のテレビ化作品の情報■同、映画化作品の情報スティーヴン・キングの作品書評ページのあるサイト「ゲル秘密結社」■

関連情報■サイト「テロリズム・アラーと・ネットワーク」には、生物兵器テロに関する情報も!■サイト「人文書」には、生物化学兵器の本というページがあり、約冊の書籍が紹介されている。
著者略歴:(Stephen King)1947年、アメリカ、メイン州生まれ。『IT』、『スタンド・バイ・ミー』他、数々の名作を放ち、ホラー界にとどまらぬ声価を誇る巨匠。

訳者略歴:(ふかまち・まりこ)1931年、東京都生まれ。英米文学翻訳家。主な訳書にスティーヴン・キング『シャイニング』、『ペット・セマタリー』(以上、文春文庫)、『ファイアスターター』(新潮文庫)、アガサ・クリスティ『ABC殺人事件』(創元推理文庫)など多数。著書に『翻訳者の仕事部屋』(ちくま文庫)がある。


書名 登録番号 著者名(編者、監修) 出版元 価格
時代と人間 137 堀田善衛 -株式会社徳間書店スタジオジブリ事業本部 2,000円+税
掲載開始日 最終更新日 確認掲載メディア数 書評展開レベル
2004年7月22日 2004年7月22日 4
COMENT
堀田善衛さんの中世ヨーロッパから日本の中世までをその独特の歴史観。「その時代を生きた人」を見る眼に堀田さんの大きさを感じるのは私だけではない筈。この本の内容は、1992年7月9日から全13回にわたってNHK教育テレビで放送された。「NHK人間大学 時代と人間」のテキスト(日本放送出版協会)を単行本化したもの。巻末には、善衛さんの娘さんである堀田百合子さんのエッセイと高橋源一郎さんの解説があります。
宮崎駿さんと堀田さん、司馬遼太郎さんの対談集『時代の風音』は、なぜ、宮崎さんがこうした堀田さんの著作を出版されるにいたったかの事情をなんとなく感じさせるものです。是非、読んでみてください。朝日文藝文庫で手にすることができます。
書評リンク 関連情報
No. site page/comment date
1 風のトポス・神秘学遊戯団

風の本棚に2004風のブックマークとして書評

2004/3/4
2 photo-pot 下諏訪日記に3月7日付けの感想文 2004/3/7
3 ぶらり・ぶらぶら 書評のコーナー断想集に書評 2004/5/5
4 book.asahi.com 朝日新聞の書評 2004/4/25
 
  -
●ブック・レビュー・ガイドbの書評検索では、2004年7月22日現在、新聞書評を7紙確認。
関連情報■この本の元になった放送(「NHK人間大学 時代と人間」全13回/カラー/690分)のDVDやビデオもブエナビスタホームエンターテイメント社から発売されています。堀田さん自身の他、中村元、桑原茂夫といった方々も出演されています。■スタジオジブリのサイトにも本書の復刻記念ページがあります。■
著者略歴:1918年、富山県生まれ。慶應義塾大学卒業。'51年『広場の孤独』『漢奸』他で芥川賞受賞。

主な著作:『方丈記私記』(毎日出版文化賞)、『ゴヤ』(大佛次郎賞、ロータス賞)、'94年朝日賞受賞。『ミシェル 城館の人』


新刊書籍評ガイド既刊書籍評ガイド「今だからこそ、この本」「この話題をどう扱う?」
今月の書評サイト紹介今月の書評家紹介新人作家ガイド