新刊書籍評ガイド既刊書籍評ガイド|「今だからこそ、この本」
今月の書評サイト紹介今月の書評家紹介新人作家ガイド|書評作家リンク集
気侭書評

書評ネットワーク

今だからこそ、この本

2月5日更新

Corner's Policy
このコーナーでは、毎回、「今」を紐解くために避けて通れないテーマを選び、そのテーマに沿ったさまざまな書籍や文献を鎖のように読みつないでいくコーナーです。一冊の本から生まれた疑問や派生する問題を読みつないでいくことでより深く掘り下げていく試みとなればと思っています。それぞれのテーマコーナーにこれはこの本の次に読んだらいいと思う本を推薦して、コメントをお送りください。管理者の独断と偏見判断し、採用不採用を決めさせていただきます。同じ書評を2つ以上採用された場合は、書評者のコーナーも作らせていただきます。ご期待ください。書評リンクと関連情報は、管理者が勝手に付け加えたものですが、書評投稿者からのご推薦も受け付けています。(管理者)
●テーマINDEX●
サブカルチャー 作家のバックグラウンド 古代音楽発見の旅

脳を学ぶ

文藝評論の今
日本と日本人論


NO.テーマ・タイトル展開内容掲載開始
001サブ・カルチャー時代の流れとともに「サブ・カルチャー」なる言葉も変容してきている。本来の定義もあいまいなままにさまざまな文化論に登場する。あえて、その様相を明らかにすることで見えてくるものがあるように思える。2000年8月

連鎖書評書名
だいたいで、いいじゃない(大塚英志・吉本隆明) ⇒ 愛と幻想の日本主義(福田和也・宮崎哲弥) ⇒




NO.テーマ・タイトル展開内容掲載開始
002作家のバックグラウンドどんな書評も作品をさえ見ればよく、その作家の生い立ちや世代、育った環境は関係ないという方もいるかもしれない。でも、「こんな世代だから、こんな育ちだから」という読み方から見つかる宝もある。各世代と代表する作家の本人の随筆や自伝的エッセイや友人、関係者の語り作家伝にも注目!2000年9月

連鎖書評書名
あの頃ぼくらはアホでした(東野圭吾) ⇒そこに僕はいた(辻仁成)高橋克彦 開封(道又力)花失せては面白からず(城山三郎)
出発点 1979〜1996(宮崎駿)半生の記(藤沢周平)背景の記憶(吉本隆明)風眼抄(山田風太郎)




NO.テーマ・タイトル展開内容掲載開始
003古代音楽発見の旅新たなIB「歴史・社会の窓」のテーマ「古代音楽」は、地域文化の接点と古代人の精神性へのアプローチとなるような気がします。また、アジアという視点での歴史文化比較をも視野に読み込んでみてください。2000年9月

連鎖書評書名
縄文の音(土取利行) ⇒




NO.テーマ・タイトル展開内容掲載開始
004脳を学ぶ「今だから、この本」で取り上げた「脳のなかの幽霊」やその他の生理学や生態学の最近の研究成果が現代の様々な課題を浮き彫りにしてくれるという事実。是非注目したい分野だが、まだ日本での関心度が低いのが残念!2000年10月

連鎖書評書名
脳のなかの幽霊(V・S・ラマチャンドラン) ⇒平然と車内で化粧する脳 ⇒やわらなか脳のつくり方




NO.テーマ・タイトル展開内容掲載開始
005文藝評論の今書評、読書感想文を総観しているとどうしても「評論とは?」といった命題に突き当たってしまう。読書のオススメから文藝評論のための言語論までその構造は多層に重なりあって、解きほぐすのもかなり困難と思える。でも、あえて・・・2000年11月

連鎖書評書名
上野千鶴子が文学を社会学する(上野千鶴子)司馬遼太郎と藤沢周平(佐高信)あほらし屋の鐘が鳴る(斎藤美奈子)
⇒日本の家郷(福田和也) ⇒詩人・評論家・作家のための言語論(吉本隆明)


NO.テーマ・タイトル展開内容掲載開始
006日本と日本人論一体どんなときに日本と日本人論は語られるのか?日本で、海外で。自らのアイデンティティを見つけることの意味を考える。2001年6月

連鎖書評書名
「日本文化論」の変容(青木保)イアン・ブルマの日本探訪(イアン・ブルマ)中空構造日本の深層(河合隼雄)深い泉の国「日本」(トマス・インモース/加藤恭子)日本語の美(ドナルド・キーン)日本人と中国人(陳舜臣)

新刊書籍評ガイド既刊書籍評ガイド|「今だからこそ、この本」
今月の書評サイト紹介今月の書評家紹介新人作家ガイド|書評作家リンク集