Link Square
書評作家リンク集
作家データベース 作家INDEXへ
2005年05月20日更新

作家名 NO 生年月日 出身地・居住地 作家研究
アーサー・C・クラーク 48 1917年 イギリス・サマセット生まれ
書評リンク関連情報
3001年終局への旅』(伊藤典夫訳) 2001年10月25日 7件
過ぎ去りし日々の光<上下>』(スティーヴン・バクスター共著、冬川亘訳) 2005年5月20日 8件
■サイト“原書で読む本”にこの作品が掲載されています。原書で読みたい向きには、最適なサイトです。なんとこのサイトには、HAL9000と会話ができるサイト“HAL's Legacy”(スタンフォード大学のサイト)のリンクもあります。■ランダムハウス社の3001年の公式サイト
作家コーナー・その他最新ニュース
■サイト“アーサー・C・クラーク現代技術研究所(ACCIMT)”:アーサー・C・クラーク現代技術研究所は、1984年にスリランカ政府により設立されたハイテクを推進するための中核研究機関であり、通信、コンピュータ、エネルギー、宇宙技術、ロボットなどの先端技術分野で研究活動や普及・教育活動等を幅広く行っている。SFの巨匠アーサー・C・クラークの名が付されており、クラーク氏は同研究所の実質的な代表である。■サイト“アーサー・C・クラーク非公認ホームページ”■米国航空宇宙局(NASA)■元日経エアロスペース記者が個人で開設している宇宙情報サイト“スペース・サーバー”■サイト“GENERAL WORKS”のSF NOVELS
DATABANKにある日本で出版されている氏の著作リスト■
著者略歴:Arthur C.Clarke(アーサー.C.クラーク)1917年、イギリスのサマセットの生まれ。戦時中は英国空軍でレーダーの研究に従事し、戦後になりキングス・カレッジに入学。48年、物理学と数学で最優秀の成績をおさめ、理学士号を取得。1937年、英国SF協会の創立に名をつらね、短篇SFを書き始めた。'73年の「宇宙のランデヴー」、'79年の「楽園の泉」でヒューゴー、ネビュラ両賞を受賞。「2001年宇宙の旅」は、全世界で2000万部以上出版された。SF作品のほか、宇宙を始めとする自然科学関係の評論の分野でも多くの作品を著している。'98年には、エリザベス女王よりナイトの称号を授与された。現在はスリランカに住んでいる。

書評作家リンク集