Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/web09/5/9/0226695/www.kcfactory.com/ediblog/include/main.php on line 276
編集ネットワーク・ブログ

茂上恒造:その1

茂上恒造
略歴

明治28年生まれ。柔らか物の和家具で花柳界や歌舞伎俳優からの人気のあった茅町「富村」の出。
「小物の茂上」で聞こえ、天皇北海道行幸の際の居間の電燈笠などの下命されている。
不知火の女王・柳原白蓮の嫁入調度、タンス長持から硯箱まで指物一切は恒造若き日の仕事である。(「職人衆昔ばなし」より)



柳原白蓮


(藤原北家のながれを組む「柳原前光」伯爵の次女、叔母は大正天皇の生母と言う家柄)

赤銅御殿(大分県別府市青山町に跡地)でしられる九州は筑豊の炭鉱王「伊藤伝右衛門」への嫁入をし、当時は政略結婚だのという話題が巷に流れました。
恒造氏の仕事は、この際の調度品。タンス長持から鏡台、針箱、硯箱。下駄箱・本箱・机・衣桁(えこう)まで大八車で積み上げて8台あったというからかなりの豪華なもの。その後、白蓮は、大正10年10月、大阪朝日新聞に「離縁状」を掲出し、宮崎滔天の息子、7歳下の東京帝大生「宮崎龍介」との恋に走りました。当時の新聞にもこのことが大きく報道され、世に一大センセーションを巻き起こしたといいます。

最近では、林真理子さんがこの白蓮を描いた「白蓮れんれん」を出版し、柴田錬三郎を受賞するなど、かなり評判になり、舞台でも上演されるまでになりました。



白蓮の宮崎隆介(荒尾市にある宮崎兄弟資料館に詳しい)との駆け落ち後にこれら調度品がどうなったのかは、恒造氏も知らないといいます。もし、現存しているのなら、是非見てみたいものです。

「職人衆昔ばなし」から

以前から気になっていた本「職人衆昔ばなし」をネタ本に職人の世界を紐解く特集を開始します。
本サイトの「Ken統合書評」でもこの本は、今回既刊書籍評ガイドコーナーにある日本文化研究の工芸カテゴリーで書評を紹介しましたが、ここでは、書評紹介から、さらに踏み入って、この本の世界を深く知っていくことをしてみたいと考えています。

第一弾は、「指物」です。
この本では、江戸指物職人の茂上恒造、小川才次郎両氏を紹介しています。

その第一回は、茂上恒造氏の話に登場する桑を素材とした「柔らか物」としての指物です。

shokunin.jpg

開設のお知らせ

ようやく、本サイトでもBlogを開始する運びとなりました。現状では、多くの方に告知をしておらず、段階的に紹介したいと考えています。よろしく、お願いいたします。
管理人:KK

Profile

KK
公開していません

New Entries

Comment

Categories

Archives(12)

Link

Search

Free